clコマンドで64bitバイナリ生成


cl.exeにパスを通してから以下のバッチ処理を書いたバッチファイルを保存して実行するとclコマンドで64bitバイナリを生成することが出来る。

@%comspec% /k “”C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 11.0\VC\vcvarsall.bat”” amd64

@cmd

cmd1

実行するとこんな画面に

 

cmd2

for x64となっている。これでclコマンドでx64バイナリの生成が可能に

 

やったぜ